カートの中

カートには何も入っていません。

お買い物を続ける

本革なのに!「軽さ」のひみつ(前編)

アタラのランドセルには、
お子さまが毎日たのしくランドセルと過ごしていただけるよう、
アタラオリジナルの工夫・こだわりをたくさんつめこんでいます。

今回はそんなアタラの「軽さ」のひみつに迫ります。
たくさんあるので、前後編でお届けします!


牛革なのに軽いのはなぜ?

牛革のランドセルは重いイメージ。けれど、アタラのランドセルは軽い。
それは、必要な機能とパーツのみで作られている、
とてもシンプルなランドセルだからなのです。

ひとつひとつ厳選したパーツ・機能について一部ご紹介します。

 

「右に一箇所のみ」のナスカン 

なぜ左側にはないのかな?…と不思議に思われた方はいらっしゃるでしょうか。
アタラのランドセルは「両脇に荷物をぶらさげることは少ない」という
現役小学生モニターの声を反映し、片方のみにしています。

 

画像:「右に一箇所のみ」のナスカン

 

「小マチ」をなくして「大きな大マチ」に

アタラのランドセルには、
通常のランドセルにはよくある小さなマチ「小マチ」がありません。
代わりに、大マチの収納力をアップ。入れる場所が一箇所になり、
整理整頓がしやすく、たくさん入るので使いやすいとモニターさんにも好評でした。

 

画像:ポケット


カギなどの小物を入れるためのポケットは残していますが、
L字ファスナーで大きく口が開くようにしています。

 

スッキリ、美しいデザイン

ランドセルの下についていることが多い錠前が、
アタラのランドセルは前に設置されています。


これは、軽量化・デザインの見直しの観点から、
一般的なランドセルにある「ベロ」の部分をなくしたため。
錠前も、開けやすいように実験を重ねたオリジナルデザインです。

画像:「ベロ」を無くした錠前

 

コンパクトなだけじゃなく、とっても使いやすいんですよ。

今回は「軽いランドセル」を実現するために思い切ってなくしたり、
改良したパーツ・機能についてご紹介しました。


このように、小さなことの積み重ねで、
お子様の小さな体にかかる負担を軽減しています。

軽さのひみつはまだまだあります。
後編でご紹介させてくださいね。